会社のストレスって多いですよね? 会社の無駄5選

こんにちは、ぷるです。

 

会社に勤めてる人も勤めていない人もいると思いますが、この記事を読んでいる方は会社に勤めてる方が多いんじゃないでしょうか?

 

私は会社員になってもう10年以上経ちます。

 

今までいろいろなことがあったけど、時間の無駄だなぁと感じたことがたくさんありました。

 

時間って、すべての人に平等に与えられた貴重な資産ですよ!?

 

自分を含め、人はまだまだ無駄な時間を省くことができます。

 

そして省いた時間を有効に使って、もっと楽しいこと、生産的なことに使ってもらいたいと思っています。

 

今回は会社で働いている中で感じた無駄なことを5つピックアップしてみました。

 

特に似たような境遇の方は、この記事で楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

ホワイト会社で働いている方には無縁な記事かな!?

 

まず最初にさくっと経歴

 

私の経歴を記事として書くのは初めてになります。

 

まあでもここは記事のメインじゃないので、カンタンに流しちゃってください!

 

1社目:自動車関連会社の間接部門

 

2社目:自動車関連会社の製造部門

 

3社目:医療、分析関連会社の間接部門 ⇒(異動)⇒ 製造部門

 

社会人になってから製造業一筋ですが、今の会社で3社目になりますね。

 

無駄① 価値の薄い会議

1つ目は会議のお話になります。

 

会議自体は、何かを決めたり情報を共有化したり、メールでは収集がつかないor何往復もして煩わしい時に有効な方法だと思います。

 

が、

 

今まで会議に出たり、上司が会議に出ている姿を何度も見てきましたが、まあとにかく長い!

 

そして、かかった時間に見合うだけの対価を持って帰ってきた試しがない!

 

「会議で発言しない人は参加しなくていい!」みたいに言う人もいるので、みんなが必死に意見を出し合います。

 

でも未だに年功序列の風潮が残っている会社が多いので、そういう会社はどうしても年上or役職者の発言が強くなってしまいます。

 

結局年功序列システムが発動したら全て無意味なんだし、最初から会議なんてやらなきゃいいのにね。

 

無駄② 望まない残業

2つ目は残業のお話になります。

 

普通は残業なんてなくて当たり前です。

 

じゃあ残業って何のために、どういう時にするべきなのかな?なんて考えてみました。

 

突発的に起きた不測の事態や、その時間でないとできないことに対応するため、終業時刻後に引き続き仕事を行う。

 

こんなところでしょうか?

 

しかし、会社が黒くなればなるほど、残業をやるオカシイ理由がどんどん出てきますよね。

 

・会社で暗に残業が義務づけられている

 

・みんなが残業してるから帰りづらい

 

・残業しないと生活できない

 

など

 

個人的に言わせてもらうと、どの理由も〇ソったれですね。

 

本来、会社が従業員にお願いしてやってもらう残業を半ば強制的にやらせる、更には残業代が出ない会社もある。

 

そんなことがあってはならないと思います。

 

生活残業に関しては・・・、低賃金なのか金遣いが荒いのか、なんとも言えないですね。

 

無駄③ 行きたくない飲み会

3つ目は会社の飲み会のお話になります。

 

会社員のみなさん、飲み会って参加してますか?

 

会社に勤めていれば、多かれ少なかれ飲み会には遭遇すると思います。

 

歓送迎会なんてのは、新しい人になじんでもらったり、お世話になった人を労うためのものなので、頭ごなしに否定するつもりはありません。

 

でもですよ。

 

いろんな理由で来れない人っているじゃないですか。

 

・どうしても外せない用事がある

 

・飲み会の雰囲気が苦手

 

・お酒が飲めないからつまらない

 

・対人的な理由

 

など

 

このような人に対して、「え、来ないの・・・?」みたいなオーラ出すのってどうなのよ?

 

数年前からパワハラやモラハラという言葉が出てきて、こういった言動を抑制する雰囲気にはなってきています。

 

でもやっぱり、強気で断れる人もいれば、言えずに嫌々参加させられる人もたくさんいるんじゃないでしょうか。

 

体育会系のノリで、先輩の意見は絶対!みたいなの、そろそろやめません?

 

無駄④ 不要なプライベートの付き合い

4つ目はプライベートのお話になります。

 

仕事以外では関わりたくない人って、会社にたくさんいるんじゃないですか?

 

そんな人(または人たち)から、「週末~~行こうぜ!」なんて言われた日には・・・。

 

地獄以外の何物でもない!

 

ましてやそれが先輩だったり上司だったり、断りにくいような人なら尚更!

 

普段から、この人とならいいかな、とか、この人なら断っても大丈夫!っていう付き合い方ができている人なら問題ないです。

 

が、

 

先程も言ったような体育会系のノリで来られたら、もはやそれはパワハラの領域に突入しています。

 

断った後日、「あいつは誘っても来ないから」とか「あいつはノリ悪いから」みたいな接し方に急変したら、仕事もやりにくくなりますよね。

 

あなたの接待に裂く時間なんてありませんから。

 

無駄⑤ 朝のラジオ体操

5つ目は朝のラジオ体操のお話です。

 

ラジオ体操をすると体の各部位が活性化されるし、仕事に入る前の切り替えのスイッチとしても有効です。

 

別にラジオ体操そのものは全く問題ない、むしろやりたい人はやった方がいいと思います。

 

でもね。

 

会社に勤めている人なら分かると思いますが、あれって社員全員並んで一斉にやるじゃないですか。

 

しかも就業時間前に。

(会社によるかもしれませんが)

 

やらないと上司から注意されるし、これはもはや義務!拘束!仕事の一部!

 

注意するほどやらせたいなら就業のチャイムの後にしてくれ!

 

しかも全員整列して軍隊かよ!

 

・・・ただの愚痴っぽくなっちゃいましたね。

 

無駄から解放されるには

会社、辞めるしかないです。

 

実際にこういうのにウンザリして辞めてった人を何人も知ってるけど、辞めて後悔してる人は見たことないです。

 

会社なんていろいろな人が集まってるので、こういうことが起きるのも必然なのかもしれません。

 

でもやっぱり、精神的に負担になってしまうくらい辛いなら、ためらわず会社辞めた方がいいと思います。

 

人って不思議な生き物で、どうしようもなくダメな時って大抵誰かが助けてくれるんです。

 

ちょっとオカルトめいた話かもしれませんが、本当にダメになってしまった人って案外いないんですよ。

 

本当は辞めたい!でも辞められない・・・。

 

この記事がそんな人の力に少しでもなれればいいなぁなんて思います。

 

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です