マヨネーズの素晴らしさについて熱く語りたくなりました(超簡単な鶏マヨのレシピ付き!)

こんにちは、ぷるです。

 

みなさん、マヨネーズ好きですか?

 

私は超好きです!

 

マヨネーズ嫌いな人なんていないと思いますが! 今回はそんなマヨネーズの素晴らしさについて語っていきたいと思います。

 

 

マヨネーズとアイツ

 

↑ これはマヨネーズ

 

↑ これはアイツ

 

うん、かわいい。(意味不明)

 

 

年齢がバレそうなマヨネーズの過去を語る

 

ド〇クエのアイツだけではなく、マヨネーズは昔から非常に愛されてきました。

 

例えば・・・、

 

マヨラー

 

今から20年以上も前の話。

 

日本ではマヨネーズが大好きすぎる人が繁殖し、そういった人のことを「マヨラー」と呼んでいました。

 

マヨラーの年齢は老若男女ですが、当時の女子高生は常にバッグの中にマヨネーズを入れて持ち歩いていたらしい・・・。

 

マヨチュッチュ

 

元SMAPの香取慎吾さんが演じるキャラクターで、慎吾ママという方がおりました。

 

この慎吾ママがTVでよくやっていた技、マヨチュッチュ。

 

マヨネーズのキャップを外し、そのまま口に咥えて吸い込むという荒業。

 

マネする子供がたくさん沸いてましたが、絶対カラダに悪いでしょこれ・・・。

 

 

マヨネーズってこうやってできるらしいよ

 

調味料

  • 植物油 80ml
  • 卵黄 1個
  • 酢 大さじ½
  • 塩 小さじ¼

 

作り方

① 酢、卵黄、塩をボウルに入れ、植物油を少しずつ入れながらよくかき混ぜます。

 

② 固まってきたら完成。

 

(キューピーマヨネーズ公式HPより)

 

 

マヨネーズを使ったお料理を紹介

 

鶏マヨ

 

材料

  • 鶏むね肉 1切

 

調味料

  • マヨネーズ 大さじ4~5
  • ケチャップ 大さじ2~3
  • レモン汁 お好みで
  • 小麦粉 肉にまぶす程度
  • 塩コショウ 小さじ2~3くらい
  • サラダ油 適当に

 

作り方

① 鶏むね肉をフォークで突き刺し穴を開けます。

 

↑ 5~6か所くらい突き刺せばOK

 

② 塩コショウを両面にまぶして10分~程度置きます。

 

③ 肉を置いている間にマヨネーズ、ケチャップ、レモン汁を混ぜておきます。

 

↑ こんな感じのソースの出来上がり

 

④ 鶏むね肉に小麦粉をたっぷりまぶします。

 

↑ 小麦粉が余るくらいたっぷりまぶしてください

 

⑤ フライパンにサラダ油を多めに引き、鶏むね肉を中火で焼きます。

↑ 小麦粉が油を吸うので多めに入れましょう

 

⑥ 焼けた肉をソースにダンクシュートして完成。

 

ポイント

  • 焼く時はフライパンにフタをしておくと均等に焼けます。
  • ソースのレモン汁は味見をしながらお好みの量を入れてください。

 

食べてみた

これは普通にうまい!

 

少しレモン汁を入れすぎたからか酸味の主張が気になったので、控えめくらいがちょうどいいですね。

 

あと、むね肉なのにめちゃ柔らかく仕上がっていました。

 

小麦粉まぶすの少し面倒だけど、これ絶対やった方がいい!

 

また作りたい! そんな感じの出来栄えでした。

 

満足。

 

 

最後に

 

余談になりますが、マヨネーズってすごく腐りにくい食品なんです。

 

マヨネーズに含まれてる塩+酢が非常に優れた抗菌作用を持っているため、菌が繁殖しにくくなるため。

 

卵黄が殺菌処理されていたり、塩と酢の量が絶妙だったりと、工業的に作られたマヨネーズ限定のお話です。

 

家庭で作った手作りマヨはあんまり長持ちしないから注意!

 

 

というわけで、今回もむさ苦しいお話にお付き合い頂きありがとうございました!

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です