【雑談】 あなたは今、幸せですか?

こんにちは、ぷるです。

 

つい最近、自分の過去、経歴が不幸だと嘆いている人がいました。

 

詳しく話を聞くと、

 

「ふむふむ、なるほど。確かにそれは辛い過去をお持ちで。」

 

と思ってしまうような内容でした。

 

しかし、果たしてそれは本当に嘆くようなことなのか、ちょっと考えてみました。

 

 

自分の過去について考えてみる

 

先に述べたように自分の過去を思い出してみると、いいこと嫌なこと、いろいろあると思います。

 

小さい頃からなんでも手に入り、なんでもでき、何一つ不自由なく育った人もいると思います。

 

ほしいものは買ってもらえず、行きたいところにも行かせてもらえず、いいことなんてこれっぽっちもなかったと思う人もいると思います。

 

両者を比べてみると、どちらが幸せだと思いますか?

 

恐らく、大半の方が前者だと言うでしょう。

 

確かに全てに恵まれていれば、その状況を不幸だと思う余地はないでしょうね。

 

しかし、果たしてそれが幸せかどうか。

 

私は必ずしも前者が幸せだとは限らないと思います。

 

逆もまた然り。

 

 

あなたは今、幸せですか?

 

私は幸せです。

 

なにが幸せとか、そういうのはどうでもいいんです。

 

借金背負っていようが、彼女にフラれようが、自分が今の状況を幸せだと思えば幸せです。

 

つまり何が言いたいかというと、

 

今が幸せなら、これまで歩いてきた道も含めて幸せと言えるんじゃないでしょうか?

 

もう少し掘り下げてお話します。

 

 

過去の選択が今をつくる

 

皆さんは過去にいろいろと取捨選択し、人に導かれたり自分で決めたりしてこれまで生きてきたと思います。

 

例えばパラレルワールドのようなものがあったとして、あの時こうじゃなくてこうしてたら・・・、が実際にできたとします。

 

そうすると、その選択の結果、全く違う今が出来上がってることでしょう。

 

その当時は選択を誤った、ああすればよかったと思う点も多々あるかと思いますが、それを再度選択し直した場合、今よりよっぽどひどい人生を歩んでいるかもしれないのです。

 

辛い過去、茨の道、思わぬ事故・・・。

 

挙げればキリがない、これまでの苦労。

 

しかし、そういったことを経験し、乗り越えたからこそ、自分が持っている容姿、考え方、人脈、その他たくさんの財産が今、あなたの中に存在しているのだと思います。

 

 

最後に

 

冒頭でも取り上げましたが、自分の過去、経歴が不幸だったかどうかなんて関係ないのです。

 

どんなに満たされた過去を歩んできても、今不幸だと思うならば、今までやってきたことの結果として不幸になっている。

 

どんなに辛く厳しい過去を歩んできても、今幸せだと思うならば、今までやってきたことの結果として幸せを掴み取っている。

 

満たされた過去が必ずしも幸せとは限らない。

 

先程そう述べたのは、そういう意味からになります。

 

 

「因果応報」という四字熟語がありますよね。

 

今回のお話は、まさにこれだと思います。

 

考え方は人それぞれです。

 

違うでしょ!っていうツッコミもあるかもしれませんね。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です