角煮好きの方必見!これが超絶品トロトロ豚角煮の作り方!

こんにちは、ぷるです。

 

 

以前、豚角煮作りに挑戦し見事に失敗しました。

テリッテリの豚照り焼き丼が食べたくなったので作ってみた

 

 

今回はガッツリ対策を考えてきたので、個人的には保存版にしたいくらいですね!

 

 

多少の改良を加えつつも、前回とほとんど同じ作り方でやってますので、間違いなくウマい角煮を作ってみたい方は是非読んでいってください!

 

 

今回の具材

 

  • 豚ブロック肉(バラ肉)
  • ネギの青いところ
  • にんにく
  • しょうが

 

豚肉を焼くところからスタート

 

 

これは前回にはない工程です。

 

 

目的としては、豚肉の表面に焼き目をつけることで豚肉の脂を流出させないようにするためです。

 

 

多少の手間ですが、中まで火を入れる必要は全くないのでできればやった方がいいと思います。

 

 

焼きにくい部分までしっかりと焼きます!

 

豚肉を茹でる

 

 

前回と同じく、豚肉を茹でていきます。

 

 

豚肉ネギの青い部分にんにくしょうがを入れ、冷水をひたひたになるまで入れます。

 

 

火をかけて沸騰してきたら、中火程度でぐつぐつ茹でます。

 

 

沸騰して最初の頃はアクとか出てくるので、取り除いてあげましょう。

 

 

アクが落ち着いてきたら、このまま軽く2時間くらい放置ですね。

 

 

2時間も放置すれば水がかなり減るので、途中で水を足してあげるとよいです。

 

豚肉を煮込む

 

 

豚肉にしっかりと火が通ったら、味を染み込ませていきます。

 

 

この段階でかなりプルプルになってるので、崩さないようにフライパンへ。

 

 

使う調味料は、醤油200cc酒200cc砂糖大さじ8水200ccくらいです。

 

 

前回は全然甘味がなかったので、砂糖の量を前回の倍くらい入れてます。

 

 

軽く沸騰させてアルコールを飛ばしたら、落とし蓋をして中火でコトコト煮詰めていきます。

 

 

このままだいたい15分程度放置しておきます。

 

豚肉の裏側も煮込む

 

 

見てください!下半分に味が染みてるのが分かると思います!

 

 

ひっくり返して上半分の染みてない部分も味染み染みにしていきます。

 

 

同じように、このままだいたい15分程度放置します。

 

 

もうこの段階で絶対にウマい香りが。。。

 

最後に粗熱をとる

 

 

だいぶ水量が減りました。

 

 

火を止めて、手で触れるくらいになるまで放置して粗熱をとります。

 

 

というか、冷まさないと柔らかすぎて崩れる。。。

 

 

タレから出てる部分が少し乾燥してるので、軽くタレをかけてあげるとよいですね。

 

味はどうなんですか

 

これは間違いなくおいしいでしょう!というわけで食べてみたところ、

 

 

 

ウマすぎる。。。

 

 

 

完全に大成功ですね!

 

 

舌と上あごで簡単に潰れるくらい柔らかく仕上がっており、甘さとしょっぱさのバランスも抜群です。

 

 

ただ、やはり結構脂っこいので一度に大量に食べないようにご注意を!

 

 

圧力鍋なんてなくても作れるんや。

 

 

というわけで、豚角煮大好きな方は是非作ってみてください!

 

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です