フライパンで作る時短カレーが超オススメ!

こんにちは、ぷるです。

 

 

前回のカレーは、これでもかっ!ってくらい気合入れて作りました。

市販のカレールーを丸一日煮込んだら本当に美味しくなるのか試してみた!

 

 

今回は逆に、フライパンを使ってサクッとおいしく作ってみました。

 

 

フライパン?別に鍋でよくね?っていう方も多いと思いますが・・・、

 

・ 取っ手がついているので、炒める工程が非常に楽!

 

・ 鍋に比べて底の面積が広いので、肉や野菜が高速で炒められる!

 

のようなメリットがあります。

 

 

鍋で作ると大量に作って連日カレー三昧、なんていう家庭もあると思いますが、フライパンなら2~3人分をサッとつくれるのもいいですね!

 

 

あめ色玉ねぎは作らない

 

いつもなら、たいてい一番最初にあめ色玉ねぎを作るんですが、時短カレーなので今回は割愛しました。

 

 

その代わり・・・、

 

 

玉ねぎペーストを用意しました。

 

 

スーパーに行けば¥100~¥200程度で売ってると思います。

 

Step 1 肉を焼く

 

というわけで、最初はフライパンに軽く油を引き、軽く塩コショウを振って肉を焼いていきます。

 

 

後でちゃんと煮込むので、表面に焼き色が付く程度でOKです。

 

 

強火で一気にガシャガシャ炒めると、早く終わりますね。

 

 

中の方は全然火が通っていませんが、このくらい焼けたら別皿に移しておきます。

 

Step 2 野菜を炒める

 

今回使用した野菜は、シンプルに玉ねぎにんじんじゃがいもです。

 

 

野菜ゴロゴロカレーを作りたかったので、かなり大きめに切っております。

 

 

フライパンにバター(なければマーガリンやサラダ油)を引き、にんにくチューブしょうがチューブを好きなだけ入れて炒めます。

 

 

今回も肉と同じく、強火で一気にガシャガシャ炒めて表面に焼き色をつけましょう。

 

Step 3 煮込む

 

野菜を炒め終わったら、先ほど焼いた肉玉ねぎペーストを入れます。

 

 

水の量の目安は具材がほぼ水没するくらいですが、蒸発したり足したりするので適当で大丈夫です。

 

 

真ん中の黒いのはルウではないので注意!玉ねぎペーストです。

 

 

中火でボコボコ沸騰させて、アクが出てきたら取り除きます。

 

 

大体20分程度が目安ですが、アクが落ち着いたら終了です。

 

Step 4 コクをつける

 

煮込み&アク取りが終わったらコクをつけていきます。

 

 

コンソメスープの素小さじ½ケチャップ2~3周ウスターソース2~3周インスタントコーヒー小さじ½を一気に入れます。

 

 

大体2~3人分の量ですが、目安なので多少違っても全然問題ありません。

 

 

軽くかき混ぜて馴染ませたら、火を止めてルウを入れます。

 

 

Step 5 煮込む

 

ルウがざっくり溶けたら火をかけ、ふつふつと沸騰する程度で30分~1時間程度煮込みます。

 

 

水を多く入れすぎてシャバシャバになってしまった場合は、長めに煮込んで固さを出します。

 

 

時間に余裕がある場合は、このあと冷やしを入れると味が馴染んでよりおいしくなります。

 

Step 6 食べる

 

当然ですが、ウマいです!

 

 

ダイジェストみたいな感じでガーっと作りましたが、しっかりとコクが出てますね。

 

 

煮込みに少々時間がかかってますが、実際に手を動かした時間は30分くらいでしょうか。

 

 

Step 3以降は他のことをしながらでも作れますが、焦がさないようにフッ素加工のフライパン必須ですよ!

 

 

箱の裏に書いてある作り方とは違う味わいになってますので、よかったら作ってみてほしいです。

 

 

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です