ペヤング焼きそばを使って普通の焼きそばを作ってみたところ・・・

こんにちは、ぷるです。

 

 

以前、ペヤングソース焼きそばをフライパンで焼いてみたことがあります。

 

ペヤングソース焼きそばを焼いて食べてみたら最高においしかった!

 

ひと手間かかる分、お湯ペヤングより焼きペヤングの方がおいしかったですね!

 

 

今回は焼きペヤングにちゃんと具材を入れて、真面目に焼きそばを作ってみたらどうなるかやってみました。

 

 

ペヤングで焼きそば① 具材を焼く

 

今回使用した具材は、シンプルにキャベツ豚肉のみにしてみました。

 

 

クセや風味の強いものを入れて、その味しかしなかったという結末を回避するためです。

 

 

刻んだキャベツと豚肉を、軽く塩コショウを振ってしんなりするまで炒めます。

 

 

これでキャベツ3枚分豚肉約200gくらいですね。

 

 

さすがにこのまま続けて作るわけにはいかないので、炒め終わったら一度別皿に移しておきます。

 

 

キャベツから水が出た場合は、このタイミングで水を切っておくといいですね。

 

ペヤングで焼きそば② 麺を茹でる

 

今回用意したペヤングソース焼きそばは・・・、

 

 

はい、超大盛サイズです。

 

 

具材を炒めた後に思いました。

 

 

これ、具が増えるからいつもの超大盛よりかなり量が多いのでは・・・?

 

 

まあ、今更考えてもしょうがないので作ります!

 

 

先ほど使用したフライパンをサッと洗い流し、水300mlを沸騰させます。

 

 

ペヤング並盛の場合は、水220mlで作ります。

 

 

沸いたお湯の中に麺とかやくを投入し、水分がなくなるまでほぐしていきます。

 

 

麺が固いうちにひっくり返すと割れてしまうので、麺を入れて1分くらいは放置したほうがいいですね。

 

ペヤングで焼きそば③ 具材を混ぜる

 

 

麺がほぐれたら、別皿に移しておいた具材付属のソースを入れてかき混ぜながら焼いていきます。

 

 

具材を入れた分味が薄くなるので、ここで市販のウスターソースをぐるっと1周追加しました。

 

 

液体ソースの水分が飛ぶまで焼いたら完成です。

 

ペヤングで焼きそば④ 実食

 

 

完成です!

 

 

後は、お好みに応じて付属のスパイスと青のりを振りかけてください。

(悲報:写真はまだ半分の量です)

 

 

パッと見普通の焼きそばじゃないですかねーこれ。

 

 

早速食べてみたところ、いつも同じこと言いますがウマいですね!

 

 

やはりお湯のみで作ったものとは全然違います。

 

 

インスタントではなく、ペヤングの蒸し麺があるならこんな味なのかな~という感じでした。

 

 

ペヤングの麺とペヤングのソースの風味は全然損なわれていなかったので、いつもと少し違うペヤングが食べたい時はコレ!

 

 

オススメの逸品です!

 

 

さて、次はどんなアホ企画やろうかな~。

 

 

 

それではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です